スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四次元の船

六月十一日

数学ブックトーク 入梅
三回目の参加。
森田真生さんの話を聴く。

数直線から拡張された90°回転の
iの話は毎回語られるエピソード。
でも、大きな網の目をなぞるように
毎回違う方向から繋がってくる。

「その話はもう聞いたぞ!」

と、吉本隆明さんの講演で
ヤジっている観客に

「当たり前だろ、
だって吉本隆明だぞ」

と南伸坊さん。

そんな話を何かの本で読んだのを
思い出す。

ぼくは、いろんなものに
苦手意識があるけれど
最初に過剰にできる気がして
でもちょっと頑張っだけどできなくて
その先に行けずに挫折して
苦手化するパターン
その繰り返し。

で、数学も苦手化。
数式がちょっとわからないと
すぐに身体が拒絶反応。やっかい。

でも、数学史から紐解いていくと
人が紡いできたストーリーとして
頭に入ってくるので
もう一踏ん張りできる、というか
なんか楽しい。

毎回、自信過剰気味に
できそうな気がするっていう感覚だけで
同じ方向からのアプローチを繰り返して
失敗していただけか。アホだな。

向きを変えてみる、というのは
意識してみよう。

終了後、
「バックナンバーは
なかなか買えないもんね」
「これは買わなくちゃね」
という関係者らしい人たちの会話。
もし販売戦略だったら
それにまんまと乗って買ったのが新潮六月号。
森田さんが何か書いてるらしい。
せっかく買ったので
冒頭に乗っていた小説を読む。

四時過ぎの船/古川真人

ばあちゃんが自宅から
波止場を回って家に戻ってくる。
ばあちゃんは、場の記憶に引っ張られて、
時空を駆け巡る。
孫を迎えに行ったのだけれど
行き違いに。
孫にあたる彼らも、
ぐるっと回りながら
ばあちゃんの家を目指す。
回りながら、繋がっていく。
そしてばあちゃんと、
ほぼ同時に家に着く。
時間軸は違うのだけど、確かに会う。

ぐっときた。
四次元構造だなぁ。
なんて数学ブックトーク後だからか。
小説から島の地図を読み取って
描いてみようしたけど上手く書けず。

お盆に実家に戻ったときには、
ぐるっと回ってみよう。

| HOME | 確率統計ノート7/7年越し

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

IAnote

Author:IAnote
「分からないことばかり」
ということに気づくと
考えなくちゃいけないなー
ってことが増えて
めんどくさいことになりますが
なんか、それは
結構楽しいことのような
気もします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。