スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数学の言霊。意味が先か、行為が先か。

数学ブックトーク in 海の日
独立数学者 森田真生さんの
ライブです@青山ブックセンター。

森田さんの本を読んで
ライブで聴いてみたくなって
「月曜日かぁ…ま、いいや。
会社休んででも行っちゃおう」
って、気分に。

でも、海の日でしたね。
罪悪感なく参加しました。

で、、

三時間、ずっとおもしろい。

まずはじめに習う算数は
先に意味のあるもの。
りんごがこっちに3個とあっちに4個。
合わせていくつ?が 3+4とか。

でも、
数学は先立つ意味が無くても
行為が成立する。

前提として公理がある。すると
何を意味しているかはわからないが
成り立つものがみつかる。

なんだこれは?

わからないながら
行為を繰り返していると、
イメージできるようになる。
意味が発見され、拡張されていく。

意味がわからないから、
わかろうとする。
その行為自体が数学するということ。

だから「わからない」は
挫折すべきポイントではなく
スタートラインに立った証
と。

なんか、勇気貰えました。
さて、身体動かします。



個性 | HOME | 無駄とか余計とか。

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

IAnote

Author:IAnote
「分からないことばかり」
ということに気づくと
考えなくちゃいけないなー
ってことが増えて
めんどくさいことになりますが
なんか、それは
結構楽しいことのような
気もします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。